薄くなった前髪をウィッグで隠すとバレやすい?ウィッグの注意点

公開日:  最終更新日:2015/10/24

みなさん薄毛は歳をとってから気にすれば良い、自分はまだ若いから大丈夫だ、等と考えてはいませんか?確かに歳をとると禿げたり薄毛になっていきやすいのですが、実は10代からでも薄毛になってくる若年性脱毛症というのがあるのです。

食生活の乱れや睡眠不足、そして遺伝やストレスが大きな原因とされています。そこでよく使われるのがウィッグ。しかし正しい使い方をしないとバレやすい様です。これから正しいウィッグの使い方と注意点を紹介します。

ウィッグの選び方

wigu1

初めてウィッグを購入しようとしている方の中には、まずは手軽に頭頂部だけや前髪のみのウィッグを選ぼうとする方が多い様です。しかしこういった部分ウィッグは実はウィッグ上級者向けなのです。

例えば前髪のみのウィッグを使う場合は注意しないと、前髪だけフワフワ浮いた様になり、階段を降りるときもゆっくり降りないと不自然なくらい浮きます。薄毛対策でウィッグを使っている方はバレる訳にはいかないので本当に注意してください。

対策法としては、帽子などのアイテムを使う事をオススメします。押さえ込んでしまえば浮かないですからね。又はサイドまで毛がある前髪ウィッグであれば、サイドでも固定できるので多少安定感はあります。

最も安心できるのはやはりフルウィッグ。これは被るだけなので初心者でも難なく取り付けられ、部分ウィッグよりもバレにくいです

正しいお手入れ方法

wig2

薄毛に対して有効なウィッグですが、お手入れの方法を間違ってしまうと傷んでしまい、ウィッグである事がバレる原因になります。

フルウィッグであれば全体的に傷むのでまだわかりにくいかもしれませんが、部分ウィッグの場合はウィッグだけ傷むのでより不自然に。正しい方法でウィッグのお手入れをしてウィッグをきれいに保ちましょう。

まず、ウィッグを洗う頻度は2回付けたら1回洗うくらいで構いません。若しくは指通りが変わってきたらでも結構です。洗い過ぎには注意しましょう。

また、ウィッグ専用のシャンプーやトリートメント等もあるので専用のものを使った方が長持ちする様です。そして洗い終わったら優しくタオルで水分を拭き取り、折り曲げたりせずに風通しの良い所で陰干しする事をオススメします。折り曲げたり日向で干すと、型崩れや変色の原因になるので注意しましょう。

薄毛対策にウィッグは強力な助っ人になる事は間違いありません。しかし着け方が間違っていたり、お手入れの方法を間違うと不自然なことになりますので気をつけて使用する様にして下さいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑