前髪の薄毛は病院で治療できるのか。治療方法や料金、副作用をまとめ

公開日:  最終更新日:2015/10/24

生活習慣を見直してもサプリや育毛剤等を用いても何の変化もなかった。もうダメなのかもしれない。と思っている方は病院で治療することで改善される可能性がありますので、諦めないでください。

マイナスな感情や自信喪失によりストレスを抱えることは育毛や発毛をより一層させにくくしてしまうので、自信をもって前向きに考えながら取り組むと良いと思います。

前髪薄毛は病院で治療できるのか。

7-1

 

もちろん何もしないより病院へ行く事をお勧めします。そもそも薄毛の原因の90%はAGAによる薄毛ですので、餅は餅屋というように病院へ行って診断してもらうのが得策です。AGAも重要な疾患ですからね。堂々と病院を頼りましょう。

病院へ行くと言っても病院もたくさんあります。AGAの治療は皮膚科、内科などになりますが、全ての病院でAGA治療しているわけではありませんので注意しましょう。

また、一般の病院であれば基本的には診断や投薬の効果の確認はせず、フィナステリドという薬の処方のみになる事が多いです。一般病院のAGA治療の目的は薄毛進行の防止ですので、薬の処方をするだけになってしまうようですね。

一方AGAを専門に取り扱っている病院やクリニックの場合は、定期的に問診、視診、そして触診等を行い、処方した薬の効果の確認等も行ってくれますので、育毛や発毛の期待は大きくなります。

AGA専門機関の最大の目的は一般病院とは違い、しっかり髪の毛を取り戻す事が目的ですので、かなり入念に取り組んでくれます。

そのかわり費用は一般病院の2~3倍近くするので、自分がAGAの防止をしたいのか、それともしっかりと育毛したいのかを考えて、ご自身に合った病院を選ぶと良いと思います。

AGA治療で副作用はあるのか

7-2

AGA治療を行うときに医師から処方される薬はフィナステリドやプロペシアが多いと思います。

しかし上記の薬はデメリットとして性欲減退、勃起不全、肝機能障害などの副作用があると言われており、場合によっては別の薬に変更してもらう等の必要があるかもしれませんが、これらの副作用が発症する確率は1~2%未満ですのであまり意識する必要はないのではないかと思います。

気になる方はご自分で出来る対応を取りましょう。例えば、子作り期間中はAGA治療を休んだり別の薬に変えてもらったりすると十分だと思います。

AGA治療も子作りも1日で終わる事ではありませんので、両方を並行して行うことに問題があるときは医師と相談してご自身に合った治療方法を探しながら進めていきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑