前髪が産毛のように薄くなった?それは薄毛が始まる危険サイン

公開日:  最終更新日:2015/10/24

加齢とともに前髪が産毛のように薄くなってきた方は多いと思います。それだけではなく、日々のストレスや生活習慣の悪化が原因で、若くても産毛のようになってきてしまった方も結構いらっしゃると思います。

前髪が産毛のようになってしまう事は、実は薄毛が既に進行し始めている可能性が非常に高いです。一体どういう事なのでしょうか。

前髪が産毛化?その原因とは

6-1

前髪が産毛のようになってきているうちはまだ安心してください。原因をしっかりと押さえて対処することにより、以前の様な力強い髪の毛に戻る可能性は十分ありますよ

前髪が産毛のようになる原因の多くは、ストレスや食生活の乱れによるジヒドロテストステロンの増大が原因だと言われています。

ジヒドロテストステロンとはAGA(男性型脱毛症)の主原因で頭皮に多量の皮脂をもたらす為、毛穴が詰まったり塞がったりする事により太くて丈夫な髪の毛が生えにくくなってしまうのです。

しかし産毛が生えてくるという事は完全に毛根が死んでしまった訳ではなく頑張って生えようとしている為、育毛力や発毛力はまだ健在であることが多いですので、完全に発毛力が消失してしまう前に、頭皮に栄養を与えたり毛穴の詰まりを解消する事で改善出来る可能性が高いです。

頭皮の詰まりを解消する方法

6-2

実は頭皮の詰まりを解消する方法は非常にたくさんあります。生活習慣を見直す事、毎日綺麗に且つ優しく洗髪してあげる事、頭皮をマッサージして血行を良くする事、クリニック等の専門機関に行って栄養剤を投与してもらう事などが挙げられると思いますが、先ずは自分で出来る事をやっていくという方法が良いでしょう。

例えば食生活の改善やしっかりと睡眠時間を確保する事、お風呂に入って髪の毛をきれいにした後に頭皮マッサージをする事などは自分一人でもすぐに行う事が出来、確実に効果はあると思います。

それでもなかなか改善がなかったら専門機関で診てもらうといった方法が一番良いのではないでしょうか。生活習慣を見直す事は、髪の毛だけではなく体調管理にも非常に有効ですので、絶対やった方が良いですよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑